借金・相続放棄・保証人

確定申告・節税対策

■ 住宅資金贈与か相続税精算課税制度のどちらを選択すればいいか Mさん

【相談内容】

昨年、住宅取得資金として父から1000万円をもらいました。

確定申告をするにあたり、
住宅取得資金の贈与税の特例を受けるべきか、
相続税精算課税制度を利用するべきか迷っています。

どちらが節税になるのでしょうか。


【回答】

父の資産額により、判断は違ってきますが、

住宅取得資金であれば、
どちらを利用しても無税の特例が利用できます。

相続時に基礎控除内で収まるようであれば
相続時精算課税制度を使ってもいいでしょうし、

基礎控除内で収まらなければ、
通常の贈与税の枠内で資産を減らしておく方が得策です。

株式会社 夢相続 : 2005年06月30日


相続対策セミナー開催のご案内

株式会社 夢相続HPへ