相続現場の本音

公正証書遺言・不動産の共有は避けること

父親の遺言を書き直してもらいたい Sさん

某放送局に勤務するSさんは、東海地方の生まれで長男ですが、
仕事の都合で都内に住んでおられます。

母親はすでに亡くなっており、父親も90歳。
そろそろ今後のことを考えないといけなくなってきたようです。

妹2人は実家の近くに嫁いでおり、
1人暮らしの父親のところへはたまに顔を出して
面倒をみてくれているとのこと。

父親の財産は、実家と賃貸している倉庫、預金ですが
不動産はともに調整区域なので、相続税の心配はなさそうです。

しかし、貸し倉庫には安定した賃貸収入があり、
普段の清掃や草刈りなどは妹2人が協力して行っています。

今後の課題は財産の分け方のことなので、
Sさんは父親に遺言書を作成してもらうことにしました。

父親の意思は、長男のSさんには実家の土地、建物を
守ってもらいたいので、倉庫をのぞく財産はSさんに
というものですが、そのかわりに妹を含めた3人に
倉庫を相続させたいとのこと。

長男の立場を考えて、父親なりの配慮をしたようで、
公正証書遺言書はできあがりました。

Sさんなりに冷静に考えてみると、自宅よりも
賃料のある倉庫を相続する方がメリットがあるので、
日に日に不公平感が増してきたようです。

しかも父親から、娘2人名義の
郵便局の定期を預けたことも聞いています。

しかも、貸し倉庫を3人共有することは、
将来のトラブルになりかねません。

この遺言書をどうすればいいかというご相談がありました。

やはり課題は不動産の共有を避けること、
しかし、妹さんに不公平感を持たせ名手こととないことと
遺留分を侵害しないように妹名義の定期は相続財産だと明記し、
その他に預金も分ける内容とし、他の全財産は実家を守る
長男のSさんにとし、同じ公証役場で遺言の訂正か
追加をしてもらうようにアドバイスしました。

その内容なら自分も安心で説得材料になると
Sさんは納得して帰られました。

いろいろな遺言書を見せて頂く機会がありますが、
不動産の共有はまだまだ多いのが現状です。

しかし、将来の問題が多いことから、遺言書の作成に関わる
専門家が的確なアドバイスができるような認識がないと、
相続で問題を抱える人は減らないと認識する次第です。

16.10.9 理事長 曽根恵子

相続実例ReportMail Vol.17(2004.10.10発行)より抜粋)

株式会社 夢相続 : 2005年07月12日


相続対策セミナー開催のご案内

株式会社 夢相続HPへ