や行

養子縁組

養子とは・養子縁組の手続きについて

まず、【養子】とは簡単に言うと、
【血の繋がりがない人と人の間に親子関係を生じさせるもの】です。

そして、養子になるためにはいくつかの条件があります。

・成年であること
・養子になる人は、養親になる人の尊属でないこと
・年長者でないこと
・嫡出子または養子でないことです



   
手続きの方法と必要書類について

下記いづれかの市区町村役場に届け出て下さい。

養子の本籍地
養親の本籍地
届出人の所在地

必要書類は下記のとおりです。

・届書 1通
(証人2名の署名、押印が必要です)

・戸籍謄本(または戸籍全部事項証明書(※))養親と養子のもの 各1通
(届出地が本籍地ではない場合のみ)
※戸籍が電算システム化された市区町村では、
 戸籍謄本を戸籍全部事項証明書と言います。

・家庭裁判所の許可書
 未成年を養子にするとき、または後見人が被後見人を養子とするとき
(ただし、自己または配偶者の直系卑属を養子にするときは不要です)

・養親、養子双方の印鑑
(ただし、養子が15歳未満のときには法定代理人の印鑑)


【注意】
 ・配偶者のある者が養子縁組をするときは、配偶者の同意が必要です。
 ・未成年者を養子とする場合は家庭裁判所の許可が必要です。
        (※1)孫や配偶者の子を養子とするときは不要です
 ・後見人が被後見人を養子とする場合は家庭裁判所の許可が必要です。


お互いの同意があればできるものなので、相続人が知らなかった
養子縁組が相続によって、発覚する事はよくあります。

縁組するとこうなります。

・縁組した場合、養親と実親両方の相続権をもつことになります。

・基本的には養親の戸籍に入りますが、養親が戸籍の筆頭者か、
 その配偶者以外だった場合には、新しい養親の戸籍が作られ
 養子もそちらに入ります。

【養子縁組により起こりうる問題】

あるところに家業を営んでいる父Aさんと母Bさんがいました。
子供は女の子2人で、跡継ぎとなる男の子がいません。
そこで、長女と結婚した婿Cさんを養子にしました。
これで安泰だと思っていた矢先、父Aさんは亡くなり、相続が発生しました。

相続人は母Bさんと娘2人、そして養子のCさんです。
特に問題もなく法定割合で分けることができました。

しかし、その直後、今度は長女が亡くなってしまいました。
長女の遺産は、子供もいなかったので配偶者である
婿Cさんが受け取りました。

そして、しばらくしてなんと婿Cさんも亡くなってしまいました。

さて、ここで問題となるのは、
婿Cさんの遺産は誰が相続するのかということです。
配偶者も子供もいなければ、相続するのは親になります。
しかし、婿Cさんには実親と養親がいます。
つまり、相続人は実親と養親になるのです。

養親は我が家の財産を守ってもらえるようにと、婿Cさんを養子にしたのに、
これでは婿Cさんの家系に財産が渡ってしまいます。

養子ではこういうことが起こる可能性もあるので、気をつける必要があります。

株式会社 夢相続 : 2005年08月19日


相続対策セミナー開催のご案内

株式会社 夢相続HPへ

コメント (2)

Sさん :

平成6年11月8日妻の姉夫婦の三女を
養女として入籍しましたが、その養女が
平成17年12月5日結婚致しました。

私共には実子がおりませんが、今回の結婚を期に
「養女」としての養子縁組の解除をしたいと思って居ますが、
どのような手続きをしたら良いのか?教えて戴けたいのですが。

上記S様のコメントについて回答させて頂きます。

養子が15歳以上であれば、
双方の協議によって離縁することが出来ます。

必要書類は下記の通りです。

・養子離縁届書1通
 (成年者2名の証人が署名・押印したもの)

・養親と養子の戸籍謄本(または戸籍全部事項証明書)
 1通ずつ(本籍地であれば不要)

・養子が復籍するときは復籍する戸籍の謄本
 (または戸籍全部事項証明書)1通
 (本籍地であれば不要)

・養親と養子の印鑑

・届書の持参者の身分証明書

以上を市区町村役場へ提出します。詳しくは、
お近くの市区町村役場戸籍市民課等へお尋ね下さい。