ら行

連帯保証人

連帯保証人の相続について

連帯保証人とは

借金をした人(債務者)がお金を返せなくなったとき、
その人の代わりに返済をしなければならない人の事を
「保証人」といいます。「連帯保証人」もこれにあたります。

保証人と連帯保証人の違いは

保証人の場合、
債務者が「どうしても借金を返せない」という時に
借金返済の請求をしますが、

連帯保証人の場合は
資力があるならば、債務者だけでなく、
連帯保証人にも借金返済の請求をすることが出来ます。

よって連帯保証人は、保証人でありながらも
「債務者」にもっとも近い状態であるといえます。


被相続人が連帯保証人になっていた
という場合が相続ではしばしばあります。

さて、この場合、相続人は連帯保証人の地位を
相続しなければならないのでしょうか。

これに関しては、原則として相続されることになります。

相続は被相続人が生前に所有していた
財産上の権利義務を包括的に継承することだからです。

しかしながら、継続的保証については、
相続されない場合があるようです。

継続的保証とは、一定の期間の間に継続的に生じる
不特定の債務を担保する保証のことで、
具体的には身元保証や、信用保証などがそれにあたります。

これらは、亡くなった人と保証される人との
人的信頼関係を基礎として成立しているものですので、
信頼関係にあたらない相続人が相続することは
妥当ではないと考えることからによるものです。

これに対し、不動産の賃貸借から生じる
賃借人の債務の保証は、人的信頼関係を考慮する部分が
少ないものといえ、相続されると解されます。

また、連帯保証は、相続時にまだ返済不能でない場合には
保証すべき債務の金額が確定しませんので、負債としては
相続税計算の際、計上することができません。

財産上の債務は相続の対象にならず、
連帯保証の地位のみが相続されるということです。

ですから、こうなった場合は債権者に、連帯保証人の変更を
してもらうか、相続放棄をするしか方法はありません。

ちなみに被相続人の連帯保証人に、相続人がなっていた場合。

この場合、例え放棄を行ったとしても、連帯保証債務は
もともと相続人にあるわけですから、返済の義務が生じます。

いずれにせよ、連帯保証とは、ただの保証と違いますので、
連帯保証人となる際には慎重に検討されて下さい。




【連帯保証人についての相談例】はコチラ



株式会社 夢相続 : 2005年08月19日


相続対策セミナー開催のご案内

株式会社 夢相続HPへ

コメント (3)

tukuneさん :

私の母には借金があり、
私はその連帯保証人になっています。

この場合、母が亡くなったとき
相続の放棄をしても、私に母の借金の
返済の義務は生じるのでしょうか?

また、相続を放棄しても債務が残るとすれば、
主たる債務は誰が負うのでしょうか?
やはり私でしょうか?

ちなみに私は母の一人息子です。

もともと子が親の債務の連帯保証人になっていた場合、
相続放棄の手続きをしても、
連帯保証人の義務を免れることはできません。
連帯保証人は金融機関との契約であり、相続とは関係がないからです。

連帯保証人になっていなかったのであれば、
相続放棄をすることで債務を負う必要はなくなります。

tukuneさん :

お忙しいところ、ご回答ありがとうございました。
とても参考になりました。