は行

法定相続分

法定相続分とは

法定相続分とは民法の規定にしたがって
各法定相続人が受け取れる被相続人の遺産の割合をいいます。

法定相続分は民法900条に規定があります。
以下はその条文を掲載させて頂きます。

同順位の相続人が数人あるときは、その相続分は左の規定に従う。

一.子及び配偶者が相続人であるときは子の相続分及び
    配偶者の相続分は各2分の1とする。

二.配偶者及び直系尊属が相続人であるときは、配偶者の相続分は、
   三分の二とし、直系尊属の相続分は3分の1とする。

三.配偶者及び兄弟姉妹が相続人であるときは、配偶者の相続分は、
   四分の三とし、兄弟姉妹の相続分は4分の1とする。

四.子、直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは、各自の相続分は、
   相等しいものとする。但し、嫡出でない子の相続分は、嫡出である子の
   相続分の2分の1とし、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の
   相続分は父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の2分の1とする。

法定相続分は民法上で規定をされているものですが、これは
法律で定められた権利の割合ですから、実際上は相続人の協議によって
各相続人の取得する財産の配分を決めることになります。

株式会社 夢相続 : 2005年08月31日


相続対策セミナー開催のご案内

株式会社 夢相続HPへ