あ行

遺留分減殺請求の方法

遺留分減殺請求の方法について

遺留分減殺請求の行使は、
相手方に意志表示をする事で足りると
最高裁の昭和41年7月14日に判決がなされています。

遺留分減殺の意思表示を行う為には、下記のように
時効の問題もありますので相手方に届けたことが証明できる
内容証明郵便で遺留分減殺の意思表示を行う事が有効な方法となります。

遺留分減殺請求権は、遺留分権利者が相続開始の事実と
遺留分を侵害する遺贈・贈与の存在を知ったときから、
1年間遺留分減殺請求権を行使しなかったときは、
遺留分減殺請求権は、時効によって消滅します。

また相続開始のときから、10年を経過したときは、
遺留分権利者の知・不知に関わらず、遺留分減殺請求権は消滅します。

当事者間で話合いがつかない場合、
遺留分権利者は家庭裁判所において遺留分減殺による
物件返還請求の調停を利用することもできます。

但し、これとは別個に遺留分減殺請求を内容証明等で
行っておく必要はあります。

株式会社 夢相続 : 2005年09月09日


相続対策セミナー開催のご案内

株式会社 夢相続HPへ