は行

墓・墓所等の課税

お墓や祭祀用具等の課税について

お墓等や祭祀用具等は相続税法第12条1項2号に

「墓所、霊びよう及び祭具並びにこれらに準ずるもの」

と列挙されております通り、非課税財産となっています。

具体的には、
墓所、霊廟には、墓地、墓石、御霊屋のようなものの他、
これらのものの尊厳の維持に必要な土地その他の物件をも含みます。

また、これらに準ずるものとは、
庭内神祠、神棚、神体、神具、仏壇、位牌、仏像、
仏具及び古墳等で日常礼拝の用に供しているものを意味します。

但し、商品、骨董品又は投資の対象として
所有しているものは除きます。

具体的な承継に関しては
民法897条において、定めのある通り

「系譜、祭具及び墳墓の所有権は、前条の規定にかかわらず、
 慣習に従って祖先の祭祀を主宰すべき者がこれを承継する」

というように定められています。

「但し、被相続人の指定に従って祖先の祭祀を
 主宰すべき者があるときは、その者が、これを継承する」

とも定められています。

また慣習については、これが明らかでない場合には
民法897条の第2項によって

「前項本文の場合において慣習が明らかでないときは、
 前項の権利を承継すべき者は、家庭裁判所がこれを定める」

という規定がある通り、家庭裁判所に対して申立を行う事で
承継者が決まる事になります。

株式会社 夢相続 : 2005年09月09日


相続対策セミナー開催のご案内

株式会社 夢相続HPへ