さ行

相続人の範囲

相続人の範囲について(養子は抜いています)

民法では、相続人の範囲と順位について
次のとおり定めています。

ただし、相続を放棄した人や相続権を失った人は、
初めから相続人でなかったものとされます。

<法定相続人の範囲>

相続人 「血族相続人」・・・直系卑属(子や孫など)
                 直系尊属(父や母など)
                 傍系の血族(兄弟姉妹・甥姪など)

     「配偶相続人」・・・配偶相続人


■配偶者はどんな場合でも相続できる

配偶者とは、婚姻の届出をした夫又は妻をいいます。

相続人の中で、配偶者(亡くなった人の妻や夫)は、
どんなときでも相続できます。

血族相続人がいてもいなくても、常に相続権があるのです。

ただし、相続権がある配偶者は、婚姻届けが出されている
正式な配偶者に限られます。

籍を入れない内縁関係の場合は、
相続人になれないのです。


■血族相続人には順位がある

法定相続人は、公平に相続できるわけではなく、
誰が優先的に相続できるかが決められています。

しかも、上位の順位者がいるときには、
下位の順位の血族は相続権はありません。

(イ)被相続人の子(子が被相続人の相続開始以前に死亡
   しているときや相続権を失っているときは、孫(直系卑属)
   がいないときは、被相続人の父母(直系卑属)が
   相続人となります。

(ロ)被相続人に子や孫(直系卑属)がいないときは、
   被相続人の父母(父母が被相続人の相続開始以前に死亡
   しているときや相続権を失っているときは、祖父母(直系卑属)
   が相続人となります。

(ハ)被相続人に子や孫(直系卑属)も父母や祖父母(直系卑属)
   もいないときは、被相続人の兄弟姉妹(兄弟姉妹が非相続人
   の相続開始以前に死亡しているときや相続権を失っていると
   きは、おい、めい(兄弟姉妹の子)が相続人となります。


第1順位・・・ 直系卑属(子や孫など)

第2順位・・・ 直系尊属(父や母など)

第3順位・・・ 傍系の血族(兄弟姉妹・甥姪など)

株式会社 夢相続 : 2005年09月09日


相続対策セミナー開催のご案内

株式会社 夢相続HPへ

コメント (2)

Fさん :

私の嫁の兄の件ですが、兄夫婦が離婚直前に
兄が自殺してしまいました。

兄の退職金、自宅の権利書等(支払い済み)は、
兄嫁以外に兄の両親は相続する事が可能ですか?

生命保険は、兄嫁が受け取り人ですから
保険金は、受取人のみになりますか?

兄夫婦間には、男の子が一人います。
遺言はありませんでした。

教えて下さい。

上記F様のコメントについて回答させて頂きます。

お義兄様が離婚される前に亡くなられた
ということですのでお義兄様の配偶者様は
相続権があります。

今回の相続人はお義兄様の配偶者様とお子様であり、
相続分は2分の1ずつとなります。

生命保険金に関しては受取人が配偶者様と
指定されていますので配偶者様が受けとる事になります。