あ行

延納できる期間と利子税

延納できる期間と利子税について

(1)通常の場合
   延納できる期間は5年以内とされています。
   その場合の延納税額にかかる利子税の割合は年6%です。

(2)相続などでもらった財産の価額のうち不動産や立木、その他
   一定 の同族会社の株式等の価額が半分以上ある場合
    その不動産等の価額に相当する部分の税額については
   延納期間を15年以内とすることができます。
   
   その利子税の割合は年3.6%です。
   不動産等の価額以外の部分の税額については10年以内で
   利子税の 割合は、5.4%とされています。

(3)相続などでもらった財産の価額のうち不動産や立木、その他
   一定 の同族会社の株式等の価額が4分の3以上ある場合
   その不動産等の価額に相当する部分の税額については、
   延納期間 を20年以内とすることができます。
 
   その利子税の割合は(2)と同じです。

株式会社 夢相続 : 2005年09月12日


相続対策セミナー開催のご案内

株式会社 夢相続HPへ