さ行

相続税の延納

相続税の延納について

相続税は、申告期限までに現金で納付するのが原則です。

しかし、相続した財産は不動産がほとんどで、
現金で相続税を納税することが難しい場合があります。

このような場合は、税額を分割して
年払いの方法で支払う延納が認められています。

【注意点】

延納を選択して、あとから物納に切り替えることはできません。
その逆に物納から、延納に切り替えることはできます。

延納を迷っているときは、とりあえず物納を選択して、
あとで延納に切り替えればいいでしょう。

株式会社 夢相続 : 2005年09月12日


相続対策セミナー開催のご案内

株式会社 夢相続HPへ