は行

物納できる財産

物納できる財産について

物納ができる財産は
相続財産で日本国内にあることが必要です。

この場合、次の三つの財産を
優先して充てることになっています。

(1)国債や地方債

(2)不動産や船舶

(3)特定登録美術品

これらの財産で適当な価額のものがない場合には、
社債や株式、証券投資信託などの受益証券で
物納ができます。

更に、これらの財産で適当な価額のものがないときは
動産も認められる場合があります。

なお、物納財産を国が収納するときの価額は、
原則として相続税を計算したときの価額によることになっています。

株式会社 夢相続 : 2005年09月12日


相続対策セミナー開催のご案内

株式会社 夢相続HPへ