や行

遺言の撤回・取り消し

遺言の撤回・取り消しについて

遺言者はいつでも事由にその遺言の全部
又は一部を撤回することができます。

但し、この撤回は法律で定められた
遺言の方式による事が必要です。
(民法1022条)

遺言書が2通ある場合に
前の日付の遺言書と後の日付の遺言書とで
抵触する部分がある場合には、その部分については
後の遺言で前の遺言を取り消したものとみなされます。
(民法1023条)

遺言者が遺言書を破棄した場合や
遺言者が故意に遺贈の目的物を破棄した場合には
遺言を取り消したものとみなされます。
(民法1024条)

上記3条の規定によって取り消された遺言は、
その取消の行為が、取り消され、
又は効力を生じなくなるに至ったときでも、
その効力は回復しません。

但し、その行為が詐欺や脅迫などによって
なされたものである場合にはこの限りではありません。
(民法1025条)

遺言者は遺言をいつでも
法律の方式に従い撤回する事が出来ますが、
この遺言を取り消す権利(取消権)を放棄することはできません。
(民法1026条)

株式会社 夢相続 : 2005年09月14日


相続対策セミナー開催のご案内

株式会社 夢相続HPへ