さ行

相続回復請求権

相続回復請求権とは

相続人は相続が開始すると、
被相続人の財産に属した一切の権利・義務を承継します。

ところが真正な相続人でない者(不真正相続人・表見相続人)が
相続財産を占有・支配していることがあります。

このような場合に真正相続人が不真正相続人に対して、
自己の相続権を主張してその侵害を排除し、
相続財産の占有・支配を回復するための制度が
相続回復請求権です。

民法884条では相続回復請求権について、
相続人が相続権を侵害されたことを知ってから5年間、
相続開始の時から20年間権利を行使しないと
消滅すると規定しています。

問題となるのは共同相続人の一部が
遺産を独り占めしているような場合です。

この場合に他の共同相続人は
どのような請求ができるかということです。

他の相続人にしてみれば自己の相続権を
侵害されていることになるので相続回復請求権の
問題となりそうですが、独り占めしているのは
不真正相続人ではなく共同相続人なのです。

学説、判例など見解が対立していますが、
最近の実務的な取扱は以下のようになされているようです。

共同相続人の一人が他の相続人の持分に相当する
遺産を占有・管理している場合には、相続回復請求権は
問題とならず、相続権を侵害された相続人は、
所有権に基づく返還請求をすることになります。

この場合は、相続回復請求権と違い、消滅時効はありません。

株式会社 夢相続 : 2005年09月14日


相続対策セミナー開催のご案内

株式会社 夢相続HPへ