あ行

遺留分の放棄

遺留分の放棄について

相続発生前に
相続分を放棄することはできませんが、
遺留分は放棄をすることができます。

遺留分の放棄をする場合は
家庭裁判所の許可が必要となります。

遺留分放棄の申立てが許可されても、
相続放棄の様に相続人の地位を失うわけではありません。

ですので、仮に相続財産に債務がある場合、
遺留分放棄を申立てた相続人が
この債務を負担する場合もあります。

この債務を負担したくないときは相続放棄
あるいは限定承認の手続きをすることになります。

株式会社 夢相続 : 2005年10月06日


相続対策セミナー開催のご案内

株式会社 夢相続HPへ