ま行

みなし相続財産

みなし相続財産とは

みなし相続財産とは、
相続税の手続きにおいては
被相続人の財産ではないにも関わらず
相続財産として相続税の課税対象となる財産のことです。

みなし相続財産としては、以下のものがあります。


・ 死亡保険金(生命保険金・損害保険金)

・ 死亡退職金、功労金、弔慰金(一定額を除く)

・ 生命保険契約に関する権利

・ 定期金に関する権利(個人年金など)

株式会社 夢相続 : 2005年12月01日


相続対策セミナー開催のご案内

株式会社 夢相続HPへ