さ行

相続財産管理人

相続財産管理人とは

相続人が不存在の場合、
相続財産は被相続人の死亡時に法人となります。

この法人を代表し、
また後日現れるかもしれない相続人や
包括受遺者の法定代理人となるのが、相続財産管理人です。

家庭裁判所は、利害関係人または
検察官の請求によって、相続財産管理人を選任し、
遅滞なく管理人の選任を広告します。

管理人は債権者又は受遺者の請求があるときは
相続財産の状況を報告しなければなりません。

株式会社 夢相続 : 2006年02月20日


相続対策セミナー開催のご案内

株式会社 夢相続HPへ