相続現場の本音

納得できる遺産分割協議

姉のペースでわからないまま終わらせたくない! Tさん

Tさんは電話で何度も相談をしてこられた方です。
聞けば東海地方にお住まいとのこと。

父親の相続で姉が中心に手続きを進めているが、
いろいろと不信感が出ているが、自分では判断できないので
こちらに代理をお願いしたいというお気持ちで、
東京まで新幹線で来られて委任を頂きました。

父親は一代で3つの会社を興して
財産を残した方で20億円近くあるとのこと。

申告は姉が中心になって進めており、すべてが姉のペースです。

同族会社の株評価が2億円以上ありますが、
Tさんはどの会社にも勤務していないので売却の話ができあがっていました。

不動産も納税用地は約1500坪で
勝手にどんどん話が進められているとのこと。

その土地の相続割合はTさんが一番多く、
他も相続する兄と姉が少ないとする説明をされていましたが、
調査すると既に均等で登記されていました。

そのまま売却されれば、Tさんには株の譲渡代金しか残りません。

姉とすればTさんには判断できないだろうと
事実とは違う説明で押し切ろうとしているのだと思えます。

こちらに委任を頂いたことでTさんに不利にならず、
納得できる遺産分割を求めていくことで、
権利を守る手助けになればと考えています。

16.12.18 理事長 曽根恵子

相続実例ReportMail Vol.27(2004.12.20発行)より抜粋)

株式会社 夢相続 : 2006年04月26日


相続対策セミナー開催のご案内

株式会社 夢相続HPへ