相続現場の本音

不動産の共有名義と遺産相続

実家を守るために共有名義を迫るYさんの叔父

Yさんの父親は地方都市出身の長男で跡取り息子の立場でした。

しかし、仕事の関係で首都圏勤務となり、
その間に生まれたYさん達の学校の事情などから、
そのまま首都圏住まいをしていましたが、
まだ50代ながら父親は亡くなってしまったのです。

祖父が亡くなったときは遺言書があり、
祖母が財産の半分を相続、そのうち実家の95%が祖母、
残り5%を代襲相続人のYさんが相続にしたのです。

問題は次の祖母の相続の時のことです。

相続人は、父親の弟2人と妹2人と
代襲相続人のYさん、妹、弟。祖母の遺言書はありません。

祖父のときに全員で二次相続を踏まえた
合意書が作成されており、当然祖母名義の自宅は
共有者のYさんとして合意はなされていました。

ところがYさんの叔父、叔母は、
実家を相続するYさんに条件をつけてきました。
「実家を売却されたくないので叔父を共有者とすること」という趣旨です。

共有は避けた方がいいので、
不動産は相続せずに現金にしたいと申し出てはと
アドバイスをしましたが、現金は共有財産として
叔父が管理するので分けられないとのこと。

期限まであと2ヶ月程度ですが、申告は叔父が準備をしているとのこと。

Yさんには安易に妥協しないこと、共有財産は
現実にはどうするのかを確認するようにアドバイスをしました。

叔父叔母の相続分に意義を言わないかわりに
自分の分を認めてもらうようにするのが近道です。

しかし、Yさんは30代。

叔父叔母を相手ではなかなか大変のようで、
相談できてよかったと帰られましたが、話がつかないこともあり得ます。

Yさんは最悪は提訴という覚悟ですが、身内で裁判しても
何ら得策ではないこともアドバイスをした次第です。

17.2.12 理事長 曽根恵子

相続実例ReportMail Vol.34(2005.2.14発行)より抜粋)

株式会社 夢相続 : 2006年08月08日


相続対策セミナー開催のご案内

株式会社 夢相続HPへ